アンモナイト

アンモナイトは、古代シルル紀末期(もしくはデボン紀中期)から中生代白亜紀末期までのおよそ3億5000万年前後の間 海洋に広く分布した頭足類の分類群のひとつ。全ての種が平らな巻貝の形をした殻を持っているのが特徴。


古生代と中生代に当たる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、地質学研究にとって極めて重要な生物群となっている。


アンモナイトの殻は巻貝と似ているけれど、厳密には巻き方に違いがあるらしい。