エフェクティヴの特徴とメリット

エフェクティヴの特徴


エフェクティヴ・テクニックでは様々なテクニックに名称をつけています。それは技術を明確化し、言葉や文字で伝えやすくするためです。その中でも「折る」ことを自由に活用していることが特徴の一つとなっています。

 

その部分に特許登録第5806429号 発明の名称 ヘアカット方法が認められています。

 

指でパネルを挟み、ハサミやレザー等で切られる時に髪が「折れている」のは偶然ではありません。「折れてしまっている」のではなく「折る」ことに着目して構築している特許ということです。 上記の特許内容に重なる部分は当方の権利の侵害にならないよう重ねてお願いいたします。

エフェクティヴは特許・商標・意匠を取得しています

◆特許登録

第5806429号  ヘアカット方法


◆商標登録

第5832984号  EFFECTIVE CUT

第5832985号  EFFECTIVE TECHNIQUE

第5916720号   LEADING SCISSORS


◆意匠登録

第1553005号   理美容はさみ


特許証 特許登録第5806429号 ヘアカット方法
特許証
商標登録証 第5916720号 リーディングシザーズ
商標登録証 LEADING SCISSORS
意匠登録証 第1553005号 理美容はさみ
意匠登録証

エフェクティヴのメリット

エフェクティヴ・テクニックを取り入れると それ自体が強力な他店との差になりますので、

  • 単価・売り上げアップ
  • 集客・リピート率アップ
  • 時間短縮
が見込めるほか
  • カットの裏付けが確かになり、自信がつく
  • 人と比べて悩まなくなる
  • 最新の薬剤や機械に振り回されず、本当に必要なものを選べるようになる
  • 楽な姿勢でカットができるため、手首・肩・腰に負担がかからなくなる
といった安心につながります。

コンセプト


他と明らかに違うカットができるエフェクティヴ・テクニックですが、乱立しては「独自化」の意味が弱まってしまいます。そのため、エフェクティヴ認定サロンを名乗れるお店は各駅1店舗と限定させていただいております。

 

例えば埼玉県「大宮駅」でエフェクティヴに興味を持ったオーナー様がいたとしても、先に同駅でエフェクティヴ認定サロンがあった場合は その方の許可が必要になります。(許可があれば可能となります)

 

エフェクティヴのメンバーは美容師だけでスタートしています。これは美容業界の肝となる部分と、美容師の権利や存在を明確に確立することが目的だからです。美容師同士の権利争いや不仲な状況は何も生みませんし、逆に美容業界に不利な形を作りかねません。これを護るには、特許など 明確でオフィシャルとして認められた領域が大切であると考えました。

  • 美容師同士がいがみ合い、美容師がいいように操作されている現状を変えたい
  • 美容師主導で上下がなく、ひとりひとりが各地域で堂々と立ち、お互いに尊重しあえる美容業界にしたい
それが我々の願いです。この特許内容をサロンの特徴として一緒に歩んでいただけるサロンが増えることを願っております。

必要な人、必要でない人


美容学生時代からいろいろなことを学び、お店を持つようになっても勉強を欠かさない美容師ですが 実は不安を抱えているという方が少なくないようです。「いつまで続くのか」という想いを払拭するかのように、忙しく勉強に出かけることもあるのではないでしょうか。

 

その不安の種は、美容学生時代のふとした疑問を 無視してしまったことから始まっているとしたらどうでしょう。疑問を放置、あるいは自分を無理やり納得させて進み続けた結果が「今」なのではないでしょうか。

 

「そんなもの自分にはない」と思われる方でしたら、エフェクティヴ・テクニックは必要ありません。また、今現在 ご自身のスタイルを確立しきっている方にも必要ないでしょう。

 

エフェクティヴ・テクニック基礎コースの課題は、「今さら聞けない」「そんなこと今まで考えたこともない」という内容ばかりです。本当は大切なことなのに、疑問にも思わないほど皆さんが当たり前に発言し、実行している内容でもあります。それらをひとつずつ紐解いて解明し、自分の中に落とし込めた瞬間からカットが変わっていきます。

 

セミナーで一度もスタイルを切っていないのに、明日からのカットが変化していく ということが起こってくるのです。

エフェクティヴ・テクニックを駆使した、桃のようなコロンとしたボブ。髪の毛はここまで曲がります。
【ピーチ・ボブ 】髪の毛はここまで曲がります。