ミツバチ


今日もウイッグを切ってみた。


と言っても


実際に切ったのではなく、


頭の中で切る。



ミツバチが花粉を集める事が


結局は人間の生活の一部になる。


ミツバチも順応し


人間も更に効率よく蜜を得られるよう


交雑種を作る


しかし気付けば危険な種となる。



それは世界に広がり


気がつけば「殺人蜂」のイメージが定着し


人間を恐怖に陥れる。




でもミツバチは相変わらず蜜を集めている。



不自然なように感じるが


これも自然の一部。


人間が手を加えることが「自然破壊」のように感じるが


人間も自然が生み出し


従って生きている一つ。



全部が自然。



人間にとって都合の良い解釈をすれば


大慌てであるが


地球にとってはどうでも良い事である。



そんなカット技術で良いと思う。


それをイメージすると


カットの交雑種が生まれ


危機感を感じる人が出るとのイメージ


しかし、蜂蜜が安く大量に得られる事を喜ぶ人が


実は沢山いるように


このカット技法も良いイメージに収められた。



これでまた髪の毛に進化を見た気がした。