特許について 8


「特許」


を通常はどう使うのでしょうか?



基本的には仕事に活かします。



つまり、期限内は権利者以外は係れませんから


無断に使用したり


無許可で流用した場合


あるいは


「特許侵害」


などに該当すると


究極は「法的措置」にまで行くのです。



各企業は「特許」によってしか護れない事もあり、


ある意味必然とも言えます。


「知らない」


は時に大きな代償を払うことになる場合があります。


しかし、契約や話し合いにより


権利者との特例があれば


誰でもそれを共有する事ができるのも特徴ですね。


通常は利益などの10%以内くらいの


ロイヤリティ


などで話がまとまるとも耳にしています。



それで安心して使用できるわけです。