特許を取得したヘアーカット方法は、今までの物とは違うの?



9月の後半に届いた特許証
今年の4月に出願して、特許番号5806429号で
無事、特許庁に9月11日に登録されました!



長い年月をかけて、今までのカット技法の矛盾に向き合った
結果がもたらしたご褒美です。



僕がこの技法に出会ったのが、東日本大震災の年初め時です
それから、開発者にアプローチをして講習が始まりました!



もう4年になります。



約1年半前から、この技術を10数人の仲間と一緒に向き合いながら、

必死に落とし込み新たなる領域を知る事で
カットをする楽しみが増えました!!!



カットの方法での特許は無理だと思われていたのですが
実際は特許庁で客観的に見た形で、現在あるカット方法との違いがあり、

一回の出願で審査が通り開発者や仲間も驚きをかくせなかったですね!!!



その、特許技術エフェクティヴカット方法を

理美容師へ向けて講習の組み立てをしています



ほぼ講習の内容は出来ているのですが、受講生に対して伝えて
行く部分の構築の最中です。



人に技術を伝える部分が受け取り方により勘違や迷いを起こし
かねないので、しっかりと伝える事を意識しながらインストラクター
のプレゼン合戦をしています(笑)



カットを勉強するには、それなりに時間がかかります。
一朝一夕に出来てしまうような事は無く、

自分の時間を費やさないと
テクニックや考え方は身につきません



今の技術で満足していて、しっかりお客さんに支持されている方には
必要のない技術かもしれない!!!



でも、カットの摩訶不思議に翻弄されていて悩みを持っているなら
もしかしたら、かなり良いヒントになるかもしれません



でも、どれだけカットが上手くなったとしても
カットは理美容師にとっては、お客さんに喜んでもらいながらの
ライフスタイルを楽しんで貰う為の手段でしかない事を認識して。

多くのお客さんの笑顔を作る一つのアイテムでしかないのですからね~!