特許について 6


どんな業種でも調べると


必ず権利者が居て、


その権利は「特許」とかの


パテントによって決まっています。





あとはそれ以外で「特許」を取れば


自分の権利となります。




つまり、申請した方が良いという事です。


多分、美容師として技術を積み重ねて来た事は


それなりの特徴があると思うのです。




それを公に語りたくないですか?





それをするには


「特許」


がとても適していると思うのです。



私達もそう考えたんです。



一緒に私達の特許技法を共有しませんか!