お昼はタンメン☆御徒町講習

 

御徒町で

エフェクティヴ・テクニック(カット)の講習会でした。

(1/12 火曜日)



エフェクティヴの

 

”テクニックは封印” して

 

エフェクティヴのブラントカットの領域に

向き合う時間でした。





全ての行動に

 

「なぜ?」を付けていくと

 

色々見えてくるかもしれませんね。





午前午後とハサミを使わず

お話する時間もありましたが

これもエフェクティヴです。


テクニックを使う事がエフェクティヴなのか?
持ち方がエフェクティヴなのか?

鋏を使わずしてもエフェクティヴなのか?

 

捉え方は人それぞれあるようです。

 

さて、



フォークの歯は

 

「なぜ?」

 

4本になったのでしょうか?!




ではなぜ

 

セニングは

 

あの形をしているのでしょうか?!




どのように使いこなすのでしょうか?!

 

カットを学ぶにあたって

セニングの領域ってどうでしたか?

 

 

最終的には

 

「感覚」という

なんともアバウトな表現方法で

ゆだねられました。

 

自分で向き合う時間で答えは見つけられたのか?

 

感性・感覚はとても大切。

 

しかし理屈や現象は

言葉として後世に残せるのだろうか?!

 

 

 

という事で。

残せるような内容の、そんな1日でした!



門松でした☆