ヘアスタイル=ブランド☆

特許について花束


「カット方法という分野で
特許を取りました。」

そんなお話をお客様にすると

お祝いの言葉はもちろん

花束やお祝いの品などを頂きまして嬉しい限りです。

ありがとうございます。


ぱっと聞いても
何がなんだか分からないお客様も
「特許って凄いもの!」という
認識はあるようで


また
特許の凄さを知っているお客様は
自ら周りの友達や家族、仕事場の仲間に
自慢していたり広めて下さったりしています。


私が言うのもなんですが

自分の切ってもらっている美容師さんが、
または、切りに行っているサロンで

特許の技法によって
私の髪の毛を切られている特別感は
とても嬉しい環境であるのではないかと思います。


女性はなぜブランドバッグを持つのか?!

機能性はもちろん
ブランドを身につけている自分という
輝きに魅せられているのは否定出来ない領域であり


髪の毛もブランドとして
成り立つカット技法は
何か特別なものを感じているのは
女性ならではの生まれ持った感覚なのかもしれません。


特許と言うと、
漢字ですし堅い感じがするかもしれません。
しかし

1つのブランドとして見たらどうでしょうか?!


無名の洋服やカバン、お財布なども良いでしょう!

しかし
皆さん何かしら一個はブランドの物をお持ちでしょう!

なぜ身につけますか?

なぜ欲しくなりますか?

改めて考えてみて下さい。

そして


あなたの髪の毛
ヘアスタイルが
ブランドとして
身につけられるとしたら
いかがですか?!



無名ブランドで満足ですか?!



理美容師様は身につけた技術。
立ち上げたマイサロン。

せっかくやるのなら
ブランドとして立ち上げたくないですか?!


ブランド=特許


という方法もあるという事です。


悶々太郎こと


animaの門松でした☆