カット

 

「カットを語る」

 

簡単な事です。

 

胸を張って

 

語って行きましょう。

 

 

真似事でも

 

受け売りでも無い

 

自分の口で語り、

 

自分の経験からのカット。

 

 

これしか自分を支えてはくれません。

 

 

でも切っ掛けは私もありました。

 

最初は真似でした。

 

 

しかし、今は確実に違う事をやっています。

 

それは「特許」でも証明されました。

 

 

何処とも被っていない領域とか、

 

仲間内で認め合い護りあえるのも

 

カットが「技術」という枠だからです。

 

 

思想と理論と技術の共有から

 

独自の世界をどうぞ!

 

 

粟野でした。