川海☆

 

 

向かって左が海で

右が川。

 

変わりゆく酒匂川の河口。

 

押し寄せる波が川の淵をさかのぼり

川の流れに押し戻され海へと帰っていきます。

 

川はどこまでが川で

海はどこから海なのか?!

 

 

そんな街で育ちました。
さて
グラはどこまでがグラで
レイヤーはどこからレイヤーなのか?
こんな素朴な疑問も真剣に語り合える
仲間がいます。

 

 

目の前の案件に逃げず・ごまかさず

前のめりになる

自分はいるだろうか?

 

 

美容師になろうと思った

 

あの時の熱い

心の灯

 

 

消えてないですか?

 

日々、悶々してますか?

 

 

 

悶々太郎より☆