子供カット¥540

 

 

最近、

 

 

《子供カット ¥540》

 

という看板がありました。 

 



 

価格の差=技術の差?

 

価格の差=自信の差?

 

価格の差=他店との差別化?

 

価格の差=回転率の差?

 

価格の差=立地条件の差?

 

価格の差=安心の差?

 

価格の差=は「何が違うのでしょうか?」


違いを明確に説明できる方がいらっしゃいますか?

 

 

 

 

もちろん価格はお店選びの入り口として指標になることもありますので

1つの方法として大切なアピール方法だと思います。

 

では上記の「=」の前後を逆にしてみます

 

 

 

技術の差=?

 

自信の差=?

 

他店との差別化=?

 

回転率の差=?

 

立地条件の差=?

 

安心の差=?

 

ハテナは金額で全て表現できるのでしょうか?

 

 

もしかして

「私のお店はこんなだよ!」と

金額で表現しづらくなっているのかもしれません!

 

金額を下げる理由って何だったんでしょう??

 

自分自身の技術に安心できていないのかな?

 

安く打ち出せば他店よりお客様が集客できると思ったのかな?

 

 

差別化=?

 

独自化=?

 

 


独自化を持ってトランキーロです!!!

 

……なんか、ますます理美容界は面白くなりそうです♪ 

 

 

 

タイラー太郎