魔法のハサミ☆

 

美容師の使うハサミについてずっと疑問でした。

 

 

美容学校で用意されたハサミに疑問をもたず自然と使い始めた。

 

入社して美容の商材屋(ディーラー)が勧めてくるハサミ。

 

 

「キャンペーン」「ブランド」「オーダー」(オリジナル)など色々な売り文句。

 

なんでも疑い、物事の裏を見てしまう私の悪い癖は

割引になる理由や、

それにつられて購入してしまう美容師のハサミを見る目(力)とか

ブランドだから何が良いのか?とか、

目先の何かに見せられて購入してしまう美容師とか、

オーダーができるからと高額になったハサミを「値段=価値」としてしまう人など

 

疑問だらけでした。

 

 

 

そもそもハサミを作っているのはハサミ屋。

そしてハサミ屋は美容師でもないので美容の何が分かるのだろうか?

そしてどちらでもない何者かからハサミ(道具)を購入するのは

とても怖いのは私だけであろうか?!

 

 

「誰もハサミの事が分からない現状」

 

 

 

「じゃあオマエの使うハサミはどうなの!」って思いますよね?!

私は恥ずかしながらハサミは多く持っていません。

あの時の私は切れれば良いと思っていました。

「切れるハサミ」と「髪の毛を切るために作られたハサミは

似ているようでかけ離れているもの。

それはここ数年、“ある方”にお会いして改めて実感しました。

 

 

確かにブランドのハサミも持っていますが結果ブランドであっただけ。

 

オーダーのハサミも作ったこともあります。

そうそう、

オーダーのハサミも、より美容とハサミ屋に近い人を探していたら

元美容師がハサミの営業マンでハサミの事も詳しく良い人に出会い、

色々な希望を叶えたオリジナルの鋏が出来上がったのです。

 

 

 

ふと、改めて考える。

 

元美容師?!

 

私の方が現役!

 

ハサミ屋で務めていてもハサミの製造に携わっているわけでもなく

知識を武装した美容師でもなければハサミ屋でもないどちらでもな人・・・

そして注文をする私もハサミの知識なんて無い人だった。   

 

 

「あの時は、良い勉強をさせていただきました」

 

 

 

さて、

 

「切れるハサミ」は世の中沢山存在するのだが 

「切るためのハサミ」 が美容業界なかなか出会わない。

 

出会えない。

 

 

極論を言ってしまえば 

 

「自分がハサミ屋になって」 

 

 

納得するものを作る事が出来たら良いのにと思うが現実は難しい。

 

 

 

そしたら現役美容師で

カットについて納得できる解明をし(特許取得)、

それでいてハサミ屋になってしまったド変態な人がいたらいかがですか?!

 

 

 

それと同時に

「髪の毛を切るために作られたハサミ」(登録意匠)

にも出会えたらいかがですか?

 

 

ハサミの種類・それを作る人・それを売る人・それを買う人などの

知識や想いや道具の効果がそれぞれ違うという事は

この業界にいる皆さんであればご承知の事だと思います。

また、何が一番良いと順位はつけるつもりは御座いません。

その道具を使いこなせる美容師なのかとか

技術は良くても人柄など色々な案件がありますからね。

 

 

 

しかし、

お金をいただいてサロンに立つ私は根拠が不明確なハサミより、

切れるハサミより、

「髪の毛を切るために作られた明確なハサミ」を使いたいと思います。

 

これはこだわりというより美容師として最低条件の事だと思うのです。

 

 

 

「今お使いのハサミ」はプロとして誰の前でも語れますか?

 

 

納得できるハサミに出会えていますか?

 

ハサミの裏側を知りたくないですか?

 

安心した道具を使いこなしたくないですか?

 

特別なハサミは本当に特別でしたか?

 

魔法のようなハサミはあると思いますか?

 

現役美容師が創る 

「切るためのハサミ」 の根拠に触れてみたくないですか?

 

 

 

 門松☆