「差」

 

ブラントカット

って何ですか?

 

それは動刃と静刃が無ければできませんか?

 

肘が真っ直ぐじゃなければできませんか?

 

誰がそう言いましたか?

 

空手の

「演武」

ではありませんか?

 

素人に100均のハサミを渡し髪の毛を切ると

ブラントカット

以外はできますか?

 

ブラントカット以外のカットって何ですか?

基準や観点を変えたら他人とは認識が変ります。

共通次項として

何が違いますか?

 

こんな事をいくら語っても

隣の美容室と変化ありません。

 

それなら

「善い人」

になったり

「話しやすい美容師」

になったほうが良いですね。

 

しかし、それでは自分の自信の無さは解消しません。

 

やはり

「他人と違うカット」

「明確」

である事が同時に必要なんです。

 

これが無いから他の美容師と打ち解ける事ができませんし、

お互いに「けん制」しあい、

こんな不自由な美容業界となっています。

 

なんでディーラーやメーカーを信じて

同業者を信じられないのか・・・。

 

ここのライバル心を使えば

他業種はお金にできます。

 

美容師が自信を無くし、

弱みを隠そうとする所に

他業種の「金脈」があるんです。

 

いろいろ販売していませんか?

何種類のメニュー展開をしていますか?

 

海外ではどんな美容システムになっているか!

 

日本人は器用で丁寧です。

これは良いのですが、

万能とは違います。

 

個々の特徴と違いがあるはずです。

 

得意、不得意

得手、不得手

 

こんな言葉もある訳です。

 

なのに万能を目指す姿勢・・・。

そりゃ労働環境も改善できませんね。

 

だれも咎めません。

それよりも他人と違うから意味がある業種なのに

未だに

「動刃と静刃と肘と座るな」

の呪縛から逃れられない業界のようです。

 

海外では実に自由です。

だから

「差」

となります。

 

まずは自分から見直して行きたいと思います。