美容師は忙しすぎる?

 

美容師は本当に忙しい。

 

忙しくする事を良しとしているんです。

 

これが間違い。

 

アメリカの空母の乗員は

 

一人ひとりとても単純な作業しかしません。

 

しかしそれは完璧を求められ

 

責任を強いられます。

 

任務の時間はフルに仕事をしています。

 

 

では日本の美容師はどうでしょう?

 

暇な時間に何をしていますか?

 

掃除ですか?

 

チラシ配りですか?

 

それでは年間を通じてカットに注ぐ完璧な時間はどれだけ取れていますか?

 

毛染め?

 

薬剤?

 

そんな専門外の事をする前に

 

カットをしろよ!

 

マラソン選手がチラシ配りするか?

 

ユニフォームのデザインを考えるか?

 

ストップウォッチの構造を学ぶか?

 

まずは絶対的に走る時間を作るだろうし、

 

走れない日や怪我の時などは落ち着かないであろう。

 

自分たちはカットにその不安を感じているだけである。

 

 

一部では認めたくないと言っている

 

千円カット!

 

そちらの方がいつもカットに向き合い

 

いつもカットばかりをやっている。

 

敵わないんじゃないのかなぁ~!

 

 

特徴を出すこともそうだが、

 

完璧を求めたら

 

そんなに色々と手を出して

 

忙しいようにした挙句

 

空き時間に何をしたらいいのか判らなくなる美容師

 

本当に忙しいのだろうか?

 

 

全部が中途半端に見えますが・・・。

 

 

 

 

なんて感想です。