勉強

美容師は「勉強家」と言われます。

 

そのように表現する人は会社員の人が多い。

 

つまり「サラリーマン」とかですね。

 

よく考えてみると

 

サラリーマンは勉強していないの?

 

いえいえ、

 

超勉強している人だらけです。

 

逆に言えば、

 

学生時代に勉強をしていて、就職していると言えます。

 

では何故そう言われるのかというと、

 

 

美容師はそんなに休日も勉強しなければいけない職業なの?

 

と聞こえてきます。

 

美容師って勉強をしていない人が多いからか

 

何を勉強したら良いのか判断できないのでは

 

なんても聞こえてきます。

 

どんな職業でも勉強はしています。

 

でもしなければならない勉強と

 

しなけても良い領域があります。

 

それは今の自分では不十分だから勘違いするのです。

 

「資格試験」を取得する人の殆どが

 

転職に有利なようにみたいな

 

付加価値として取得するようです。

 

美容師の薬剤や機材の勉強はどこまで必要な事なのでしょう?

 

それを学んで幾ら手にできますか?

 

それを勉強しなければ評価は下がりますか?

 

 

全て己を知らないからの勘違いに気付きませんか?

 

 

それなら

 

必ず実になる所を探し

 

追求するべきでは無いでしょうか?

 

 

それなら人とは違う事をしなきゃね!

 

 

みんな同じなら意味はありません。

 

 

以上です。