特許

特許って

当たり前ですが、今までに無かった事だけが認められます。

私達のカット技法を「知ってる」なんて言う美容師さんが居られるようですが、それは不可能な話しです。

今までに存在しなかった事だから「特許」として認めていただけた事がその証拠です。

 

実際に体験していただければ解ります。

迷惑

私達は迷惑をしています。

 

美容業界で特許が取られていないにも係らず、「特許取得」としてディプロマを出している所があるようです。

 

それに係っていながら、その後調べた事により分ったようですが、我々も疑われる事があるのです。

 

我々は「カット技法」でしっかりと取得できていますのでご安心下さい。

皆さんの特許

皆さんの係る特許に「ハサミ」「技法」などがあるかと思います。

 

もし技法で特許を取得していても「ハサミ」には無関係だったり、その逆もあるようです。

「○○カット」として特許取得技法とあっても、調べると全然違う特許をそれらしく解釈できるように、紛らわしい言葉でやっている所などありましたら、しっかりとご自分で調べないと、お客様からご指摘されたりする可能性が・・・。


自分で調べよう!

番号検索の場合
「特許情報プラットフォーム」から
左上
💡特許・実用新案」をタップ
で、一番目
「特許・実用新案番号照会」をタップ
で、文献番号の二段目
「特許公報・公告特許公報(B)」
の右に
特許番号の「数字のみ」を入れて検索すればよろし!
キーワード検索の場合
「特許情報プラットフォーム」から
左上
💡特許・実用新案」をタップ
で、二番目
「特許・実用新案テキスト検索」をタップ
で、種別の
「公開特許公報」と「特許公報」にチェックを入れ
キーワードの
「検索項目」を「出願人/権利者」にして
右横
「検索キーワード」に「株式会社〇○〇〇〇・〇〇〇」ってメーカー名を入れて検索すればよろし!
ご自分が使っている「ハサミ」とか「技法」が調べられます。
大切なお客様に間接的にでもご迷惑をお掛けしないために
是非とも
検索してみてください。