特許証

 

ご存知の方には申し訳ないのですが、

 

これが「特許証」です。

 

そして、我々の特許証です。

 

ちょっと特殊です。

 

そうなんです。

 

二枚で一つです。

 

 

これは一人ではなく

 

五名で出願しましたのでこうなったんですね。

 

独占ではなく

 

「共有」の証ともいえます。

 

 

「ヘアカット方法」

 

として登録されていますから、

 

他に無い技術と言う事です。

 

 

これは「エフェクティヴテクニック」で特許ではなく、

 

この特許技法をエフェクティヴテクニックで使うポイントとなります。

 

 

エフェクティヴテクニックでは大切な「核」の部分の技法で

 

「特許」を取ったという意味です。

 

例えば、エフェクティヴで使うハサミの一つは

 

「意匠登録」

 

されています。

 

ハサミで特許を取られているメーカーもあるようです。

 

例えば、ハサミで特許を取っていても

 

「技法」とは無関係だったり

 

逆に

 

「技法」で特許を取っていても

 

「ハサミ」は無関係なのが特許なのです。

 

つまり、エフェクティヴでは

 

「ヘアカット方法」で「特許」

 

「ハサミ」で「意匠」

 

「名前」などは「商標」

 

を取っています。

 

 

紛らわしいのですが、

 

「ハサミ」でパテントを取ってもエフェクティヴカットは無関係なんです。

 

ですから、

 

「ハサミ」で「意匠」を取っているからと言ってデザインには無関係となります。

 

 

皆さんが買ったハサミで特許を取得しているからと言って

 

「ほにゃららカットは特許取得しています」

 

と言ってはいけなんです。

 

 

調べておかないと「詐称」とか

 

「詐欺」になりますので

 

特許法をしっかり調べ、

 

間違えないようにして下さいね。