特許にまつわる話

私達が取得できている3種類

特許

弁理士では無いものでウンチクは語れませんが、我々の特許は「カット方法」で取得しています。

つまり「カット方法の発明」です。

もちろん特許ですから公開していますので、しっかりとご確認の上、無断使用はご勘弁下さい。

意匠

こちらは意匠登録証です。

「デザイン」つまり、「図面」上での権利です。真似はご勘弁下さい。

「形状が似てしまった」場合、審議となります。

商標

こちら白い台紙は「商標登録証」です。他にも取得しています。

これは「名前」で取得しています。

マーク等も商標に値するようです。


全部分かれている。

私達も重要な部分にはこれだけの権利を取得しています。

 

特許だけで護れるかといえば、

 

不十分な部分を意匠や商標で取得する必要があります。

 

もちろん「前例」があれば取得はできませんし、

 

「似ている」というだけで戻ってきます。

 

更に違う点を記し、再審査を受けます。

 

こんな面倒な事をしっかりとした目で

 

選任の国家公務員の方が見極めてくれるのです。

 

 

ですから、とても心強い

 

「印籠」のような存在にも思えます。

 

しかし、これを持っていても内容を逸れた事には

 

効果ありません。

 

虚偽発言や詐称問題にならないように

 

我々は今後も明確に発信して行きます。

 

 

皆さんも特許はいいですよ~!