エフェクティヴカットって何?

そうですね!

 

確かに誰でも同じ事を言われます。

 

「エフェクティヴ」とは

 

「有効的な」と言うような意味合いです。

 

 

我々の活動としては

 

・カットを分析する

・道具を分析する

・自分の技術を分析する

 

といった事を日々行っています。

 

ですから、入り口も自由

 

出口も自由

 

つまり、落とし込み方も自由です。

 

 

でも「ブラントカット」とか、

「有名美容師のカット技術」など

情報が入ると

 

「自分の技術って何?」

 

そもそも「ブラントカットって何?」

 

なんて考えながら同じサロンで修行した人が

 

移転後は1000円カットなので普通に働いていたりしますから

 

日々、葛藤と不自由さを感じているって美容師が

 

この気持ちから逃れたいけれど

 

今更素直になれないなんて良くある話しですよね!

 

 

これを解決して行くカットです。

 

ですから「特許5806429号」が取れる内容が含まれています。

 

 

集約すると

 

「カットの分析や自分の分析を明確にして行き、

他人を気にする事なく

自由で有効的に独自性の仕事領域を得る事」

 

みたいになると思います。

 

ここに行き着くために

 

様々な分析や課題にがっつり向き合うって事です。

 

ですから、今までのカット技術の延長で

 

自由に自分なりのカットに仕上げる事ができます。

 

ですから、

 

メンバーは思想や基礎は向き合っていますが、

 

お互いにどのようなカットを各サロンで行っているかは

 

知らないのが現状です。

 

それが一定のカット分析と言う安定した足場の上にある独自化であり、

 

自由なんです。

 

 

粟野でした。