ストラ・トリーディング製作秘話

 

改めまして

 

ストラト・リーディングについて興味がある方に向けて

 

製作秘話を・・・。

 

・セカンド・カットをエフェクティヴの軌道で入れ込むハサミ

 

・切れ過ぎて穴が空いてはいけない

 

・パネルのセンターで交差するようにする

 

・コツコツと開閉時に当たらないように設計する

 

・今後の砥ぎに対応できる設計

 

 

他にもあるのですが、これ以上は講習時に!

ちょっとした企業秘密的なこともあります。

 

 

始めに叶えたかった事はやはり「センター交差」させるセニング形状のハサミと言う事です。

 


他でも説明してますコレ!

 

結構気付いている美容師が多いそうで安心しましたが、

 

通常のセニングは刃元側が特にズレて切れてしまいます。

 

これがあると左右が同じになりません。

 

ここが「意匠登録」のポイント!

ここの部分、

 

刃元!

 

ですが、ここが「コツコツ」とした当たりが激しいハサミがありませんか!?

 

買った時は気づかなかったのに

 

「研ぎ」に出したら顕著に出たりする

 

あの「コツコツ」

 

これをできる限り無くす設計ができています。

 

 

これって、当たり前ですけれど、

 

無い方が使う側からしたらありがたいのですが、

 

コレまでのハサミは結構改善されなかったですよね。

 

更にコツコツ感が無いと

 

「パクる!」

 

これが大問題でしたよね!

 

 

ここ!

 

ストラトは改善できています。

 

この数値といいますか

 

刃付けのポイントが砥石に始まり、

 

もちろん肝心の

 

「砥面」

 

押さえ方やらネジとの関係性などハサミを販売している人や

 

「研いでいる方」はこのバランスやら工程が大切な事は重々承知のアレです。

 

実はこんな冗談っぽく書いていますが

 

何年も掛けた長年の課題でした。

 

コレが調子の問題とかが微妙に関係しますから

 

文章では書ききれない事だらけです。

 

 

それをいい所で落とし込めたのが

 

セニングシザーズではなくて、

 

リーディングシザーズです!

 

実は本当にこれを他人に伝える事ができない

 

「感覚と経験」の

 

数値に表せない所なので、

 

他の人が研いだら砥石に当てただけでどうなるか不安なんです。

 

 

絶対に他で研がない方がいい思います。

 

まぁ、皆様の自由ですが(^^)

 

 

 

 

一つ!

 

砥面を他のハサミと変えています!

 

そうしないとあのコツコツから開放されませんでしたので・・・。

 

 

今日はこの辺で・・・!

 

 

最後まで有難うございます。