最近

最近は新しいものが出にくいように感じませんか?

 

もちろん相変わらず出ているのでしょうけど

 

その速度に慣れてしまい

 

感じない

 

と言うのが本当なのかもしれません。

 

 

つまり、新しいからと言って

 

「最善」とも言えないようです。

 

美容師が新しい事を追い求めた結果

 

基本の足元が崩れました。

 

 

美容学校に生徒が集まらない

 

なんて現象が起きています。

 

 

更に新しい事を美容室が求めると

 

それは時代に翻弄された

 

勇み足のようにも見えてきます。

 

 

先日4年ぶりにお隣の国に行ってまいりました。

 

 

外から日本の美容師を見ると

 

実に優秀で評価が高い事は事実です。

 

 

しかし、お隣の国も同じような事をちゃんとしています。

 

日本人は

 

「器用とか世界一の技術者」

 

なんて思い違いをしていると

 

お隣の国もその内容を知る時は直ぐに来る事でしょう。

 

 

よく考えてみて下さい。

 

皆さんの使っているものはどこの国で作られていますか?

 

 

皆さんが知る前にお隣の国では知っています。

 

 

基本を大切に!