NEWS&コラム


エフェクティヴサロン登録店

新たにエフェクティヴサロン登録店が増えました。

ひまわり美容室

475-0864

愛知県半田市栄町1-45

TEL 0120-06-6126


よろしくお願いいたします。

お近くで「エフェクティヴのカットを受けてみたい!」という方は、ぜひお問い合わせくださいませ。

続きを読む

エフェクティヴ・テクニック講習

日時

2018年9月25日(火) 終了


場所

埼玉県さいたま市中央区下落合2-5-3


主催

lien[リアン]


続きを読む

エフェクティヴ・テクニック講習

日時

2018年9月10日(月) 終了


場所

神奈川県小田原市鴨宮385-4  anima店内


主催

anima hair salon[アニマ]


続きを読む

エフェクティヴ・テクニック講習

日時

2018年8月21日(火) 終了


場所

埼玉県さいたま市中央区下落合2-5-3


主催

lien[リアン]


続きを読む

エフェクティヴ・テクニック講習

日時

2018年7月17日(火) 終了


場所

埼玉県さいたま市中央区下落合2-5-3


主催

lien[リアン]


続きを読む

ストラトリーディングカット特別講習

日時

2018年7月17日(火) 終了


場所

中野区野方5-31-2-2F


主催

ミョルニル


続きを読む

エフェクティヴ・テクニック講習

日時

2018年7月10日(火) 終了


場所

神奈川県小田原市鴨宮385-4  anima店内


主催

anima hair salon[アニマ]


続きを読む

ストラト・リーディング製作秘話

 

改めまして、ストラト・リーディングについて興味がある方に向けて製作秘話を・・・。

 

・セカンド・カットをエフェクティヴの軌道で入れ込むハサミ 

・切れ過ぎて穴が空いてはいけない

・パネルのセンターで交差するようにする

・コツコツと開閉時に当たらないように設計する

・今後の砥ぎに対応できる設計

 

他にもあるのですが、これ以上は講習時に!

ちょっとした企業秘密的なこともあります。

 

始めに叶えたかった事はやはり「センター交差」させるセニング形状のハサミと言う事です。

 


続きを読む

お問い合わせいただきまして

 

最近少しずつお問い合わせを頂く機会がございます。

 

エフェクティヴと言うのは実はまとめる事ができないくらい広い範囲の思想で成り立っています。

 

毛髪はどのように切断されているのかにはじまり、それの根拠とはいかなる方向からの判断なのか!

 

こんな事を話し合っています。

 

これには必ずハサミが関係しまして

 

できるハサミとできないハサミ

 

あるいは

 

適したハサミと適さないハサミ

 

と見極める必要が出てきます。

 

つまり

 

続きを読む

ハサミ及び特許技法の少人数カット講習

日時

2018年7月3日(火) 終了


場所

埼玉県さいたま市中央区下落合2-5-3


主催

lien[リアン]


続きを読む

エフェクティヴサロン登録店

新たにエフェクティヴサロン登録店が増えました。

アールジーネ美容室

431-0431

静岡県湖西市鷲津5052

TEL 053-576-0259


よろしくお願いいたします。

お近くで「エフェクティヴのカットを受けてみたい!」という方は、ぜひお問い合わせくださいませ。

続きを読む

ハサミの裏側2

COBALTと記載されたハサミ

今回問題点

 

COBALTは入っていない鋼材

このハサミは韓国製のハサミで、たまたま製造した韓国の人と話して明らかになった現実。

コバルトは入っていないそうです(笑)

 

販売業者は知らない

これを販売した業者には伝わっていないようでした。

販売業者の間に仕入れ業者がありまして、製造した韓国の社長は「ちゃんと伝えたよ」って言っていました。

と言う事は・・・。

 

使っている美容師は・・・。

では現場の美容師はどうでしょうか?このハサミも販売業者が多数居まして、その業者は何処で造られているのかすら知らないと思うのです。

と言う事はほぼ伝わっていないと推測します。


続きを読む

ハサミの裏側1

Made in japanと記載されたハサミ

今回の問題点

日本製ではない

このハサミは日本製と記載されていながら実は中国製です。

 

メーカーが隠している

日本のメーカーが中国で製造している事を隠しているために。ここから仕入れた販売業者は「日本製」と信じて販売している。

 

メーカーに問い合わせても濁す

この点をメーカーに問い合わせても

「当社の偽物ではないですか?」

「当社ではそのような認識はございません」

と言葉まで統一されている。


続きを読む

手スキについて

Welcome

手スキ?

裏にあるへこみ「裏スキ」だね。

昔はグラインダーの砥石に手作業で押し当てていたから「手スキ」

治具を使っていた所もあるからそれも含めてね!

今は「NC」を使った精密機械加工

つまり「機械スキ」

写真は「手スキ」

特徴は荒れた線

対して「機械スキ」は

とても綺麗な縞模様(笑)


続きを読む

リーディングシザーズについて

リーディング1 (通称:シュリンプ)

続きを読む

この時期

この時期が来ました。

 

五年ほど前に起こった地震

 

ラジオもテレビもそんな内容に触れる機会が多くなるんです。

 

忘れてはなりません。

 

自分は震災直後に被害の酷い所を訪れル機会がありまして、

 

自分の目で見、

 

自分の五感で受け止める事となりました。

 

 

被災者の方や被害者の方の気持ちは

 

到底及ばないと感じながらも

 

あの光景を忘れる事はできない経験となりました。

 

瓦礫もそのまま

 

車も縦になったまま

 

もしかしたら自分が立っている下には

 

想像したくない事もありえる時に

 

海岸近くで感じた静けさと

 

何事も無いように鳴く鳥の囀りが

 

人一人出会わない不自然な地平線にありました。

 

 

 

誰にも言える立場でも

 

また、語れるような自分でもないので

 

せめてこの場で表現させて頂きたいと思いました。

 

 

忘れてはいけない

 

というより、

 

忘れる事が不可能な記憶です。

 

 

 

 

 

 

                                                    粟野行雄

 

 

 

ヘアスタイル=ブランド☆

特許について花束☆

 「カット方法という分野で特許を取りました。」
 
そんなお話をお客様にすると
 
お祝いの言葉はもちろん
 
花束やお祝いの品などを頂きまして嬉しい限りです。
 
ありがとうございます。
 
ぱっと聞いても何がなんだか分からないお客様も
 
「特許って凄いもの!」という認識はあるようで
 
 
また
 
特許の凄さを知っているお客様は
 
自ら周りの友達や家族、仕事場の仲間に 
 
自慢していたり広めて下さったりしています。
続きを読む

特許への不安② ☆

 

さて最後の一つ。

 

「実用新案(方法)」の分野です


赤文字

エフェクティヴ・ブログから抜粋

 

^^^^^^^^^^


エフェクティヴを語るにあたり気になったのが、

我々のカット技法が「誰かの権利と重なっていないか」という事です。

 

我々のオリジナルと思っていても、

特許として既に登録されていては他人様の権利なのです。

調べる事により我々の「独自性」が明確でしたし、

既に登録されているカット技法が存在する事も知りました。

 

つまり「許可なく行ってはいけない技術」が既に存在するのです。

 

例えば今まで何気なく行っていた「ブラントカット」ですが

先に誰かが「特許取得」されていた場合、

全員「特許侵害」になってしまうのです。

 

また、

自分が見せてしまったモノを他人が先に特許申請した場合、

自分のモノにならず、

申請者の権利にいつの間にかなっていたりします。

 

美容師一人ひとり、

自らの技法を護るために「特許取得」する事を推奨します。

 

 

^^^^^^^^^^



オリンピックのマークの著作権問題

 

歌の著作権でも騒がられていました。

 

店内のBGM(音楽)も著作権があり、

店舗としてのCDやハードディスクなどの使用は

罰金が科せられたりすることは

ご覧のサロン様もご存知かと思います。

 

ヘナの薬事法の時はいかがでしたか?

 

それらの事柄が

 

「カット」でも適応されるという事なのです。

 


「知らなかった」では済まされないという事です。


我々エフェクティヴは

 

メイドインジャパンのカット技術であり

独自性のある技術ですが


今までの技術の融合することにより

更に幅が広がるものですから

 

「このカットではいけない!!」というような

個を主張するカット技術(団体等)とは違い

 

とても柔軟性のある技術だと

私は思っています。

 

皆さまと共有できることを望んでいますし


既に特許取得されています

美容技術は

 

どこに該当するのか?

 

そんな事を思うようになりました。


皆さまの美容技術はいかがでしょうか?


特許庁や

各取得者(権利者)に

 

気軽に確認できる場があると思いますので

検索をお勧めします。


門松でした☆






 

特許の不安① ☆

 

 

特許を取得して不安になりました



美容業界でカットを前へ出している

美容団体等の特許は

 

 

■「実用新案」(方法) ■「意匠」 ■「商標」

 

これらの3つのどれにあたるのか?!と

疑問に思うようになりました。

 

ここまでは

前回の記事に書かせていただきました。

 

 

エフェクティヴ・テクニックは

「実用新案内」の

 

「カット方法」で取得しているわけですから

 

「誰かの権利(方法)と重なっていないか?」

 

という不安が調べていくうちに

強く思うようになりました。



少し話は前後しますが

順を追ってお話します。


名前(商標)は、

同じ名前でなければまず大丈夫でしょう。

 

団体名や、テクニックの名前が

重なっていなければ大丈夫という事になります。


道具(意匠)は新しいものであるならば

手元にはないはずです。

 

しかし

自作で作られている方や場合は

同じような構造でしたら

 

意匠の分野で先に取得されていたら

許可なく使うことは不可能になりますので

 

使用できなくなりますし

 

それでも使用したいのなら

先に取得されている方の

許可が必要になってきます。

 

では

「実用新案」はどうでしょう?

 

 

続きは次回

 

門松でした☆

 

 

 

特許を意識する☆

 

特許を所得して意識しました

 

エフェクティヴ・テクニックは

カット方法での取得範囲であるので

カットに絞らせてお話しますね。

 

美容業界で

カットを売りにしている

美容団体等の特許は

 

■「実用新案」(方法) ■「意匠」 ■「商標」

 

これらの3つのどれにあたるのか?!と

疑問に思うようになりました。


数か国で特許取得をし

前に打ち出している所もあるようです。

とてもすごい事だと思います。

”「商標」の分野だけ”の特許取得

 

だといかがでしょうか?!

 

例えば

これをご覧の理美容師様の働く

お店の「名前」が

 

特許で守られているという事になります。

 

他のサロンが自店の名前を使った場合は

法的な場所へと移せるのです。


名前だけの特許を売りにしているケースもありますし

 

道具の「意匠」を売りにしていたり

 

「実用新案(方法)」という分野を打ち出していたり、

 

それらの組み合わせで1つの団体とするところも

あるようです。

 

また美容の分野ではなく

他の分野での認可を取得し

 

美容方面へ打ち出す方法も

何だかあるようです。



私の中で凄いと思っていた意味合いが

現実的な凄さに変わってきたのも

調べて、投資をして

結果が出たこのころです。

 


誤解を恐れず言うならば

 

特許はお金が必要ですが

お金さえあれば取得もできるという事です。

 

しかし

 

お金があっても

その方法が新しく

国にとって、皆様にとって

必要でなければ所得出来ないものも

あるという事です。



国に認められたものは

 

名前なのか

 

道具なのか

 

方法なのか

 

それらを

どう判断し

 

自分のお店に取り入れたいのか?


特許と言っても

本当、色々あるのですね


特許庁ホームページから

特許番号などを入力すれば簡単に

詳細が出てきますので

皆さんも是非検索をお勧めします。

 

難しそうに書いてありますが

 

翻訳すると物によっては
案外単純なことが書いてあったりします。

 

しかしやはり

文章では無く実際にその方達(取得権利者)に

お会いし、お話することが誤解なく

認識できるものだと思います。

 

門松でした☆

 

 

特許のジャンル☆

 

 

特許にも様々なジャンルがあることを

 

特許を取得するにあたり

初めて知りました。





特許の中でも

 

「実用新案(方法)」 「意匠」 「商標」

 

ザックリこの3つの分野があります



「商標」は



誰にも「名前」を使われないようにする為のもの。


例えば

他社がコカ・コーラと同じような味を真似して

 

コカコーラとして販売したらどうですか?

 

分けが分からなくなりますよね?!

 

コカコーラの作り方レシピは”方法”の分野になると思いますが

 

まずは名前を世の中に1つにすることが

安定した安心した品質をお客様へ届ける事ができます。



数ある「お茶」の飲料水の名前も

 

商標というものに守られているという事です。



「意匠」は

 

デザインや形などの物に対して。

 

テレビや車などの形は

ほぼほぼ同じですけど



その中で使われている部品が

特別なものでしたら

意匠が該当することになります。



美容に関してですと

 

ハサミやレザーなど一般的に

使われているもの以外で

 

新しい構造で切ることができる道具や

 

または

ハサミの分野でも従来と違った構造なら

取得できるものだと思います。



「実用新案(方法)」は

 

今までになかった方法

美容でいうなれば技術やその行為をさします。




我々エフェクティヴで取得した特許の分野は

 

実用新案(方法)の中でも何種類かカテゴリー分けされている

数ある分野の中で

 

「カット方法」という分野での取得です。

 

なかなか1回で申請が通ることが無く

また数多くあるカット方法が出し尽くされた美容業界の分野で

取得できたことは大変珍しいケースだという事を



特許申請するにあたり

書類作成をしてくだるプロの方(弁理士さん)から

お聞きしました。



私は詳しい人間ではないのですが

お伝えしやすくするとこのような感じです。



「特許庁」で検索すると

 

「プラットホーム」という欄で

 

この3つからの検索に分かれると思います。



そこからさらに細かな検索方法に移るのですが

調べ方はまた機会がある時に☆



門松でした☆

 

ご挨拶

 

本年も残す所数時間となりました。

 

 

 

皆様にとってどのような一年だったでしょうか。

 

 

 

エフェクティヴのメンバーにとっては

 

特許取得などはありましたが、

 

実に忙しく

 

実に頭を悩ませ

 

実に体力を消耗しながら、

 

ミーティングだらけの一年でした。

 

 

 

しかしながら

 

お陰様で良い内容の集まりでしたから

 

確実に一歩を踏み出せました事は事実です。

 

 

これは来年も変わらない事だとは思いますが、

 

更に前進する事を第一に

 

精進して行きたいと思います。

 

 

新たに出会う方も多い年となるように

 

胸を張って新年を迎えたいと思います。

 

 

皆様も良いお年をお迎えいただく事を願っております。

 

 

 

 

 

エフェクティヴを代表させていただき

 

ご挨拶とさせていただきます。

 

 

                            

 

 

                                      粟野 行雄

 

特許について 16


気をつけましょう!


「特許侵害」


自分達も美容業界でどんな特許が下りているか


じっくり確認しています。




そんな中、気になったものがあります。


多分、特許権利者様が


「スライドカットで講習をしている○○様は侵害に当たります!」


なんて言ったとします。


もしかしたら全国的に騒がしくなるかもしれません。


そんな事も言えちゃうような所で


特許が取得されていました。



これはとても微妙な捉え方の違いで


講習内容によっては


確実に審議になるでしょう!




単なる

「スライドカット」


と思っていても


実は


誰かの権利を侵害しているかもしれませんから


個々にしっかりとお調べになった方が良いかと思います。





私達の特許も知って置いてくださいね!


















特許~外伝~


正直な話、美容師は特許を知らない人だらけですね。


例えば、現役で

「講習」

をしていたり、


沢山のスタッフに教育する

なんて立場の人も多いと思うのです。


それらの人に

「特許」

の話をすると、


「頑張って広げた方が良いよね!」


なんて他人事の話になります。


中には、

その方のカットが

「特許侵害」

に当たるとか、


教えている内容が

「他人の権利として特許が取得されている」

内容と知らず、

対価を得て教えちゃっていたりする場合があるんです。


それを知らずに広めてしまうと

ある時期に

「事実確認」的な文面が送られてきたり、

それが講習している本人なら良いのですが、


各地域でその人から教わった技術と信じ、

営業していたら

「通知」が届く


なんて事も

ありえるんです。


前に「ヘナのジアミン」絡みで

理美容業界に通知が届いた事。


最近では

「ジャ○ラック」から通知が来るように、

CDなどを購入したからと言って

営業ベースでは流せない法律など、

未然に知っていれば手を出さないなどの

線引きができますよね。


「特許」

「他人事」

では無いんです。


ジャ○ラックなども

月額を納めれば堂々とできますし、

「締め付け」

ではなく、


「法律」


に基づいた範囲で


安心を得るようにしたいものです。


あまりにも無知な方には

エフェクティヴも特許侵害に当たる場合は

それなりの対応をしないと

仲間や権利を護れなくなるんです。


その時は

仕方が無いかもしれませんね。


その前に仲間になっていれば最高に良い共有関係になれるんです。



特許について 15


特許は解釈の仕方によって認識が変ります。


やはり文章の限界と言う事なのでしょう。


その結果


法の力を借りたりするのでしょうけど、


私達はそんな時間や争い自体


好みません。


この権利により


各地域で安心した独自化ができれば


良いと思うのです。









特許について 14


特許には力がありました。

 

と言うのも、

 

結果的にと言う事です。

 



取得して知りました。

 

 


お客様に対しての信用や説得力

 

「独自性」

 

には持って来いの方法です。

 

 

日本でも取得している理美容師の方が

 

圧倒的に少ない現状。

 

大変強力な印籠を手に入れた気分です。

 

 

一緒に分かち合いませんか!

 

 

 

 

 

特許について 13


特許は誰に相談したら良いの?


と聞かれます。


私が答えるのも変ですが、


やはり


「弁理士」


です。



私達も弁理士を通じて取得に至りました。


もちろん「相談料」から始まり、


取得までは相当な金額を要します。


そして、取得後も更新料が掛かるんです。


私達は月一でカット講習をしていまして、


その時に私達がどのように取得に至ったか


といった弁理士とは逆の


「取得までの話」


も織り交ぜての講習となっています。


特許取得


をお考えの方は同じ目線としての


参考になると思いますよ!



全部伝えちゃいます。




特許について 12


「特許についてをほぼ知らない」

 

と同じ理美容師から耳にします。

 

確かに今まではそこまで必要に感じなかった領域でした。

 

しかし、調べてみてください。

 

 

理美容業にはとても大切です。

 

ご自分の技術がもしかしたら

 

「特許技法」

 

かも知れませんよ!

 

でも最近のSNSなどでは安易に流れてしまう情報により

 

誰か他の人が申請をし、

 

それが認められてしまうと折角のご自分で考えた技法が

 

他人の権利となってしまうかもしれません。

 

 

そんな例は過去にあるようですよ!

 

 

そろそろ

 

特許

 

を知る必要性が出て来たと思いませんか!

 

 

私達の「特許技法」は

 

皆さんと共有する事が大前提です!

 

 

 

 

特許について 11


「特許」

 

には「侵害」という事があります。

 

東京オリンピックの

 

「シンボルマーク」

 

物議を醸しました事は記憶に新しいですね。

 

 

「知らなかった」

 

は通用しない場合が殆どです。

 

 

まぁ、侵害者とみなされる方に通知が届き

 

その後の話し合いになる訳ですが、

 

これは「パテント」を維持する上で大切な事なのです。

 

権利者には当然の事ですから、

 

私達もそれなりの強い気持ちで

 

仲間を護って行く準備があります。

 

 

しかし、話し合いのもと、

 

一緒に共有して行く事が一番望ましい訳ですから

 

一生、大きな争い

 

つまり

 

「法廷」

 

に持ち込む事は無いと願っています。

 

 

しかし、上記しましたが

 

特許を熟知されていない方や

 

あくまでも闘う事を望まれるなど

 

どうしようもない場合を想定している事は事実です。

 

 

顧問の弁理士との相談の上で

 

適切な手段も整っているのです。

 

 

これも仲間を護る安心材料であり、

 

信頼できる要素です。

 

 

皆さんも一緒に共有しませんか!

 

とりあえずは各駅に一店舗しか出せない思想ですね。

 

 

 

 

特許について 10


「特許」には「誤解」が付き物です。


「争うとか独占するため」


という事ですね。



確かにそれを目的とする企業様とかもあるようですので


あながち否定もできません。



確かにそれが可能ですから。



でも、私達の考えは少々違っていて、


「独自性が欲しいけれど術が無い」


という理美容師の不安や悩み。



これらを各地域で解決するには


「特許」


が一番シェアしあえると考えたんです。



そし法的にも信頼できますし


一番の安心材料になるという事ですね。











































特許について 9


私達が何故「特許」を取得したのでしょう!


一言で言えば


「権利を明確にしたかった」


となります。


どんなに私達が独自性を主張しても


誰が正式に証明してくれるのでしょう?



しかし、ネットなどでこの技術や思想が流れた時、


有名な美容師が何の気無しに語ったとします。



多分、もつれるでしょう!



こんな不安を回避するには


「特許」


は、得策であり一番安心できるからなのです。



一緒に共有しませんか!


















特許について 8


「特許」


を通常はどう使うのでしょうか?



基本的には仕事に活かします。



つまり、期限内は権利者以外は係れませんから


無断に使用したり


無許可で流用した場合


あるいは


「特許侵害」


などに該当すると


究極は「法的措置」にまで行くのです。



各企業は「特許」によってしか護れない事もあり、


ある意味必然とも言えます。


「知らない」


は時に大きな代償を払うことになる場合があります。


しかし、契約や話し合いにより


権利者との特例があれば


誰でもそれを共有する事ができるのも特徴ですね。


通常は利益などの10%以内くらいの


ロイヤリティ


などで話がまとまるとも耳にしています。



それで安心して使用できるわけです。






















特許について 7


「特許」はとても大切です。

 

誰が権利者かが明確だからです。

 

つまり、

 

自分の権利とか

 

自分が考えた技術

 

と証明してくれるのです。

 

 

誰でも調べられますし

 

誰でも明確に特許範囲を知ることができるのです。

 

皆さんも調べると自分の技術で特許を取得できるかもしれません。

 

 

「カット技術」

 

での特許は意外と少なく

 

まだまだ取れる可能性が残っているかもしれません。

 

 

特許の権利者同士の会合なんてワクワクしませんか!

 

 

そんな時代が来るかもしれませんね。

 

ワクワク!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特許について 6


どんな業種でも調べると


必ず権利者が居て、


その権利は「特許」とかの


パテントによって決まっています。





あとはそれ以外で「特許」を取れば


自分の権利となります。




つまり、申請した方が良いという事です。


多分、美容師として技術を積み重ねて来た事は


それなりの特徴があると思うのです。




それを公に語りたくないですか?





それをするには


「特許」


がとても適していると思うのです。



私達もそう考えたんです。



一緒に私達の特許技法を共有しませんか!




















特許について 5


私達の特許範囲は


前回の検索からでは少々解りにくいですね。




条件として


・道具や指など何でも良いのですが毛を折る


・複数本の毛を使用する


・パネルに対して垂直以外の斜め軌道でカットする



上記の行為が重なった時の現象が


エフェクティヴの重要な点なんです。


つまり、そこの範囲が特許として認められているという事です。


つまり、これに該当しなければ


当方の特許とは違う技術ですから


「特許侵害」


にはならないんです。



安心していただけたでしょうか?



しかし、特許というものは大変心強いものです。


一緒に共有しませんか?











特許について 4


特許はどう調べたら良いの?

 

と疑問が出ますよね。

 

そこで、

 

「特許 テキスト検索」

 

とググッてください

 

自分は

 

「特許・実用新案 公報テキスト検索-独立行政法人 工業所有権情報・研修館」

 

と、あったので

 

ここを使わせていただき、

 

「種別」の「特許公報」にチェックを入れ、

 

「キーワード」の「検索項目」を

 

「発明者」にし、

 

「検索キーワード」蘭に

 

「粟野行雄」

 

で検索してみてください。

 

 

 

こんな感じで


何で特許が取られているか


調べられるんですよ!

 

 

 

 

特許について 3


通常「特許」はどう利用されているのでしょうか!


なんて感じませんか?



「特許」とは


「権利者しか利用できない」


も言えます。


つまり、権利者以外が許可無く触れると


「法に触れる」


とみなされる場合があります。



基本的には


「俺は前からやっている!」


なんて言う人もいつの時代も出てくるようですが、


事はそう簡単には通じなくて


「じゃ、何故先に特許を取らなかったの?」


と返されてしまいます。



つまりそんな事が何処でも起こりうるからこその


「特許庁」


であり、


「特許法」


なんですね。




ぜひ、一緒に共有しませんか!


まずは各駅一店舗計画です。







特許について 2


「特許」

とは、


「日本では国における法令に基づき特許法によって、特許権をあたえること」


見たいな感じでしょうか。


自分達も弁理士を通じ適切な流れで取得したのですが


私は弁理士でもなければ


特許庁の係りでもないので


正確性に欠けると思います。



皆さんでも個々にお調べくださいね。



しかし、世の中、発明とか発想が起こっても


何が「新しい」とか


何が正解なのかを判断する術が無いので、


特許庁がそれを公正に行ってくれているわけです。




ですから審査は膨大な資料をチェックされ、


時間もかなり掛かっていると思います。



そこで、今まで特許として認められた範囲に重ならないか


とか、


「明らかに新発明と言える」


と認定された場合、


「貴方が発明者ですよ!」


という証明を出してくれるという事でしょう。



皆さんも一緒にこの特許を共有しませんか!


まずは各駅一店舗計画です。








特許について 1


当方の特許が公開されています。


なんか恐いように思っていませんか?




特許についてご存知の方は直ぐにチェックされるでしょう。


これは普通なんです。


つまり、


各々が普段行っている技術や講習内容が


「特許侵害」


になっていないかを確認しなければならないからなんです。




我々も特許を申請するに当たり


弁理士を通じ全てを確認し


法に則った手続きを持って


先に特許を取得されている方の内容と重ならないかを


順次確認しながら進めました。



そこで、当方の目的なんですが



・特許技術を安心材料とした仲間を増やしたいこと


・全ての理美容師ではなく、まず各駅に一店舗で良いこと


・安心して仕事が出来る環境を作ること


・理美容師だけではなく一緒にできるのなら誰でも参加できること


・皆で楽しくできること


・平等で膝を付き合わせて話せる環境をつくること



こんなことを叶える為には


「特許」という


法的にも安心できる印籠が欲しかったといった感じですね。



つまり、同じ気持ちの理美容師さん


そう!


皆さんと安心材料を共有したいということです。



今後もここで


特許の誤解があったらいけませんから


しっかりと説明し続けますね。



ありがとうございます。




新しいブログを書く


昨晩も集まっていました。


カットの領域ってまだまだあると思う。




「これでいい!」


って


自分で思える事が大切だと思う。



髪の毛をしっかりと


折ってみてください。





折ればそれが解ります。


にこっ!







ボブが流れる!?

こちらのウィッグ、どのような毛流れになっているかおわかりになりますか?


元はグラ?それともレイヤー??

実はこれ、ワンレングスのボブを切った後に エフェクティヴの技法を加えたもの。

いわゆる「グラデーション」「レイヤー」は入っていません。ピンやスプレーも使っていません。カットしたウィッグにホットカーラーを巻いて "どんな風に流れるか・どこまで動かすことができるか" ブラシでとかしてみたものなんです。

流れているけれど毛先はハネていないところにもご注目!
「ぱっつんボブは動きが出ない(´;ω;`)」と思っていた方に朗報ですね☆

逆毛が・・・!

エフェクティヴ・テクニックを施した髪は逆毛が立ちやすいです。普通に逆毛を立てているつもりでも 思ったより立ちます。ということは・・・アップスタイルにする時、非常ーーにやりやすいのではないでしょうか?日常生活でまとまりやすいだけじゃないなんて、嬉しいですね♪